彦根市・歴史・観光・見所

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)>彦根市
滋賀県・見所
 ・ 大津市
 ・ 湖南市
 ・ 近江八幡市
 ・ 東近江市
 ・ 安土町
 ・ 甲賀市
 ・ 日野町
 ・ 彦根市
 ・ 愛荘町
 ・ 甲良町
 ・ 豊郷町
 ・ 多賀町
 ・ 米原市
 ・ 高島市
 ・ 長浜市
 ・ 大津市坂本
 ・ 野洲市
 ・ 竜王町
 ・ 守山市
 ・ 草津市
 ・ 栗東市
 ・ 城郭
 ・ 神社建築
 ・ 寺院建築
 ・ 古民家建築
 ・ 近代洋風建築
 ・ 北国街道
 ・ 中山道
 ・ 鯖街道
 ・ 東海道
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
彦根市・歴史・観光・見所
彦根市概要: 彦根市の歴史は古く神話の時代活津彦根命が開発したのが始まりとされ開発神として金亀山(彦根山)に祀られたと伝えられています。奈良時代には藤原不比等が彦根を本拠として近江国を治めたそうです。鎌倉時代に入ると近江国守護である佐々木定綱の6男時綱が配され、戦国時代には京極氏が支配します。京極氏が衰退してくると浅井氏が台頭し彦根には重臣である磯野員昌が配され六角氏側の要として重要視されます。姉川の戦いで浅井、朝倉連合軍が織田、徳川連合軍に敗れると員昌は織田家の家臣となり高島郡に移封、代わって堀秀政や堀尾吉晴が佐和山城の城主となり、天正18年(1590)に石田三成が21万石で城主になります。三成は佐和山城を大改修し「三成にすぎたるもの、島の左近に佐和山の城」と歌われる名城としましたが、慶長5年(1600)関ヶ原の戦いの際、三成が指揮した西軍が徳川家康が指揮した東軍に敗れ、佐和山城も落城しています。江戸時代に入ると徳川四天王の1人井伊直政が入封し彦根藩(当寺は佐和山藩)を立藩、慶長7年(1602)には直勝が改めて彦根城を築き藩庁と藩主居館を移しました。井伊家は当初18万石でしたが後に30万石に加増され譜代大名として異例の処遇を受けており、城下町には楽々園や玄宮園など格式の高い文化が開き、創建された社寺仏閣も壮麗な建物が点在し、近世では近江国内最大の城下町として繁栄しました。
彦根市
仏壇街
仏壇街(七曲がり)
七曲がり
職人町
職人町・上魚町
上魚町
寺町
寺町
寺町
キャッスル
キャッスルロード
キャッスルロード
朝鮮街道
朝鮮街道
朝鮮街道
彦根城
彦根城
彦根城
埋木舎
埋木舎
埋木舎
楽々園
楽々園
楽々園
玄宮園
玄宮園
玄宮園
千代神社
千代神社
千代神社
来迎寺
来迎寺
来迎寺
宗安寺
宗安寺
宗安寺
西郷家屋敷
旧西郷家屋敷長屋門
旧西郷家屋敷
鈴木家屋敷
旧鈴木家屋敷長屋門
旧鈴木家屋敷
佐和山城
佐和山城
佐和山城
清凉寺
清凉寺
清凉寺
龍潭寺
龍潭寺
龍潭寺
井伊神社
井伊神社
井伊神社
長寿院
長寿院(大洞弁財天)
大洞弁財天
金亀会館
金亀会館
金亀会館
広田家住宅
旧広田家住宅
旧広田家住宅
陵水会館
陵水会館
陵水会館
商学校講堂
旧彦根高等商業学校講堂
旧商業学校講堂
長久寺
長久寺
長久寺
長松院
長松院
長松院
大信寺
大信寺
大信寺
明性寺
明性寺
明性寺
北野寺
北野寺
北野寺
北野神社
北野神社
北野神社
いろは松
いろは松
いろは松
観道寺
観道寺
観道寺
鳥居本宿
鳥居本宿
鳥居本宿
高宮宿
高宮宿
高宮宿
 
白
 
 
白
 
住宅設計

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県:歴史・観光・見所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。