鯖街道(若狭街道)

   滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)>鯖街道(若狭街道)
滋賀県・見所
 ・ 大津市
 ・ 湖南市
 ・ 近江八幡市
 ・ 東近江市
 ・ 安土町
 ・ 甲賀市
 ・ 日野町
 ・ 彦根市
 ・ 愛荘町
 ・ 甲良町
 ・ 豊郷町
 ・ 多賀町
 ・ 米原市
 ・ 高島市
 ・ 長浜市
 ・ 大津市坂本
 ・ 野洲市
 ・ 竜王町
 ・ 守山市
 ・ 草津市
 ・ 栗東市
 ・ 城郭
 ・ 神社建築
 ・ 寺院建築
 ・ 古民家建築
 ・ 近代洋風建築
 ・ 北国街道
 ・ 中山道
 ・ 鯖街道
 ・ 東海道
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
鯖街道(若狭街道):歴史・観光・見所
鯖街道(若狭街道)概要: 鯖街道とは所謂俗称で日本海で取れた海産物の中で特に鯖が多く京都に運ばれた事から近代以降に名づけられました。若狭地方と京都を結ぶ街道は幾つか存在し最古のものは古代まで遡り、小浜から遠敷川沿いを登り根来・針畑を越え鞍馬、出町へと結びました。遠敷には若狭国の国府が設置され、街道沿いには若狭の一の宮である若狭彦神社、若狭姫神社、神宮寺など歴史ある神社や古寺が点在しています。中世に入ると琵琶湖舟運が発展し勝野、木津、今津、坂本といった湊が整備されそれぞれを結ぶ街道も開削されました。軍事的にも重要視され織田信長が浅井、朝倉両軍の挟撃にあった際は朽木街道から朽木を経由して京へ落ち延び、豊臣秀吉は朽木から今津に至る街道(九里半街道)の開削や今津湊の整備に尽力し多くの物資を大坂、京都方面に運び入れています。江戸時代に入ると若狭国と近江国の国境に隣接する熊川宿には番所が置かれ、北川舟運の最終湊としても発展し小浜藩の蔵や奉行所なども設けられました。熊川宿は現在でも旧逸見家住宅(小浜市指定文化財)や旧問屋菱屋、旧問屋倉見屋などの古建築や当時の宿場町の町並みが色濃く残り平成8年(1996)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。朽木宿は若狭街道の宿場町であると共に、古くから近江源氏佐々木氏の一族である朽木氏の城下町として発展した町で、江戸時代以降も交代寄合旗本として朽木に陣屋を構えこの地を支配しました。

鯖街道(若狭街道)のルート
小浜−遠敷−東市場−熊川−朽木−途中−大原−出町−京都


丹後街道
鯖街道(若狭街道)
小浜
鯖街道(若狭街道)
遠敷
鯖街道(若狭街道)
東市場
鯖街道(若狭街道)
熊川宿
鯖街道(若狭街道)
朽木宿
鯖街道(若狭街道)
大原
鯖街道(若狭街道)
出町
鯖街道(若狭街道)
京都
鯖街道(若狭街道)
住宅設計

 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 滋賀県」、「滋賀県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。