多賀町: 大蛇の淵

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)多賀町:歴史・観光・見所>大蛇の淵

概要・歴史・観光・見所
大蛇の淵(多賀町)概要: 神話の時代、この淵には近隣の村人に悪さをする大蛇がすんでいました。村人が犬上建部君稲依命に相談すると命は忠犬小石丸を引き連れ大蛇退治にこの淵まで探しに来ました。大蛇はなかなか見つからず疲れた命はその場で熟睡してしまうと、睡眠を邪魔するように小石丸が激しく吠え立てました。安眠を邪魔された命は怒り狂い小石丸の首を落とすと、はじめて大蛇が背後から命を狙っているのを気づきました。そう、小石丸は命の安眠を邪魔した訳ではなく命に危機を伝えようと必死に吼えていただけだったのである。しかし、小石丸は恨みと思わず首が切れたまま大蛇に立ち向かい喉元を噛み切ると大蛇は小石丸の首と共に淵の底に深く沈んでいきました。命は自らの軽率さと無力感、小石丸の忠節に涙し、残された体を埋葬し祠を建立するといつまでも崇敬したと伝えられています。この故事からいつしか淵のことを大蛇ヶ淵、小石丸が葬られた所を犬胴塚、塚の上に植えられた松を犬胴松、小石丸を祀った祠を犬咬明神と呼ぶようになりました。

大蛇の淵:写真

大蛇の淵
[ 付近地図: 滋賀県多賀町 ]・[ 多賀町:歴史・観光・見所 ]
大蛇の淵 大蛇の淵 大蛇の淵 大蛇の淵
大蛇の淵 大蛇の淵 大蛇の淵 大蛇の淵


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。