多賀町・歴史・観光・見所

  滋賀県:歴史・観光・見所>多賀町

概要・歴史・観光・見所
多賀町概要: 多賀町は延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内社として記載された多賀大社の門前町として発展した町です。多賀大社の創建は不詳ですが平安時代初期に編纂された「古事記」にも登場する古社で伊邪那岐命、伊邪那美命の2柱が祭られています。歴代領主や為政者から崇敬庇護され、戦国時代には豊臣秀吉、江戸時代には徳川将軍家と彦根藩主井伊家によって社殿の造営や社領の寄進などが行われています。江戸時代中期以降に庶民の行楽嗜好が高まると多賀大社(神仏習合時代は多賀大明神)にも数多くの参拝者が訪れるようになり門前町や最寄の宿場町は大きく賑いました。町内には胡宮神社や大滝神社、真如寺など多賀大社縁の古社寺が点在し、門前町も当時の雰囲気を残しています。

多賀町:町並み・写真

多賀町:町並み
[ 付近地図: 滋賀県多賀町 ]・[ 多賀町:歴史・観光・見所 ]
多賀町:町並み 多賀町:町並み 多賀町:町並み 多賀町:町並み

多賀町・神社・寺院・城郭・古民家

多賀大社
多賀大社
多賀大社
真如寺
真如寺
真如寺
胡宮神社
胡宮神社
胡宮神社
大滝神社
大滝神社
大滝神社
大蛇の淵
大蛇の淵
大蛇の淵


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。