栗東市・歴史・観光・見所

  滋賀県:歴史・観光・見所>栗東市

概要・歴史・観光・見所
栗東市(歴史)概要: 栗東市は縄文時代の霊仙寺遺跡や狐塚遺跡、野尻遺跡、弥生時代の下鈎遺跡、中沢遺跡、小柿遺跡などが点在し当時から人々が豊かに暮らしていた事が窺えます。古墳時代になると栗東市にも首長クラスの豪族が出現し墳墓である椿山古墳(総長約135m、前方後円墳としては滋賀県最大級、栗東市指定史跡)、新開古墳(円墳:直 径36m高さ3m)などが築かれました。時代が下がると中央の文化が流入し蘆井神社(下戸山)、意布伎神社(不明)、小槻大社(下戸山)、高野神社(高野)が延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳に式内社として記載され格式の高い神社として認識されています。平安時代に入ると延暦寺など天台宗寺院の荘園が成立し大菩薩寺(金勝寺:釈迦如来坐像、虚空蔵菩薩半跏像、軍茶利明王立像、毘沙門天立像、地蔵菩薩坐像は国指定重要文化財)などの寺院が創建されています。江戸時代に入り東海道が整備されると栗東市には草津宿と石部宿の間に間の宿が設けられ、大角家が本陣に準じる格式が与えられています。現在の大角家住宅は江戸時代初期から中期にかけて建てられたもので主屋が国指定重要文化財、庭園が国指定名勝に指定されています。

栗東市・神社・寺院・城郭・古民家

金勝寺
金勝寺
金勝寺
春日神社
春日神社
春日神社
大野神社
大野神社
大野神社
新善光寺
新善光寺
新善光寺
大角家住宅
大角家住宅
大角家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。