明楽寺(木之本宿:長浜市)

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)北陸道(北国街道・東近江路)木之本宿>明楽寺

概要・歴史・観光・見所
明楽寺(木之本宿:長浜市)概要: 寶樹山明楽寺は滋賀県長浜市木之本町木之本に境内を構えている浄土真宗大谷派の寺院です。の創建は鎌倉時代初期の建久年間(1190〜1199年)に開かれたのが始まりとされます。当初は真言宗の寺院で山城国葛野郡安井村にありましたが、明徳2年(1391)に現在地に移り、文禄4年(1595)に真宗大谷派に改宗しています。境内には蓮如上人腰掛説法石があり蓮如上人ゆかりの寺院とされています。正面の切妻、桟瓦葺の山門は規模が大きく町並みに寄与する建物で、向って右側にはあまり見られない入母屋、桟瓦葺きの太鼓櫓が設けられています。本堂の規模も大きく入母屋、桟瓦葺、桁行7間、正面3間向拝付。経堂は宝形造、桟瓦葺、土造、正面切妻向拝付。山号:寶樹山。宗派:浄土真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

明楽寺:写真

明楽寺
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]
明楽寺 明楽寺 明楽寺 明楽寺
明楽寺 明楽寺 明楽寺 明楽寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。