彦根城: 馬屋

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)彦根市:歴史・観光・見所彦根城>馬屋

馬屋
彦根城・馬屋
[ 付近地図: 滋賀県 ]・[ 彦根市:歴史・観光・見所 ]
彦根城・馬屋 彦根城・馬屋 彦根城・馬屋 彦根城・馬屋
概要・歴史・観光・見所
彦根城・馬屋概要: 彦根城の馬屋は二の丸佐和口多聞櫓の隣地に位置し、正確な建築年は不詳ですが、概ね元禄年間(1688〜1704年)頃に建てられたと推定されています。明和4年(1767)に彦根城が火災となり二の丸佐和口多聞櫓が焼失、馬屋にも被害があり縮小を余儀なくされています。彦根藩は伝統的に藩士にも馬術を心得として推奨しており、中級武士以上は馬を所有していた関係で、馬屋や馬場が城内にも充実し、当馬屋では最大21頭の馬が管理出来るように整備され、実際藩主が所有する10頭前後の馬が繋がれていたそうです。明治維新後に彦根城が廃城になると佐和口の櫓門や高麗門が解体されましたが、馬屋は奇跡的にも残されています。

彦根城の馬屋は長屋門形式の建物で、東西棟が木造平屋建て、入母屋、こけら葺き、桁行24.2m、梁間5.9m、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え。南北棟は木造平屋建て、入母屋、こけら葺き、桁行31.1m、梁間5.9m、外壁は大壁造り白漆喰仕上げ、腰壁は下見板張り縦押縁押え、門付、番所部には武者窓付。現存する馬屋建築では最大級の規模で、全国的に見ても城郭内に残るものは唯一とされ大変貴重な事から昭和38年(1963)7月1日に国指定重要文化財に指定されています。

滋賀県(ホーム)へ戻る

 彦根城観光・旅行見所ナビ:
西の丸三重櫓本丸大堀切・出郭鐘の丸黒門京橋口門眺望西の丸大手門太鼓門櫓・続櫓二の丸佐和口多聞櫓天守閣天秤櫓
時報櫓馬屋
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。