米原市: 真広寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)米原市:歴史・観光・見所>真広寺

概要・歴史・観光・見所
真広寺(米原市)概要: 紫宝山真広寺は滋賀県米原市上多良に境内を構えている浄土宗真宗大谷派の寺院です。真広寺真広寺の創建は不詳ですか当初は天台宗の寺院として開かれたのが始まりと伝えられています。正元元年(1259)、釋眞蓮(源頼政5世の孫)が再興し浄土真宗に改宗しています(室町時代に当時の住職が蓮如上人又は教如上人に帰依し浄土真宗に改宗したとも)。元亀元年(1570)、織田信長の兵火により多くの堂宇が焼失し一時衰退しましたが江戸時代初期に浄念(竹中半兵衛重治の弟)が地元の有力者である多良右近の支援を受け再興しています。

真広寺の寺宝である木造薬師如来坐像は平安時代に最澄が彫り込み霊仙寺の本尊だったと伝わるもので像高108.5cm、一木割矧造、漆箔像、保存状態が良く意匠に優れ大変貴重な事から明治34年(1901)に国指定重要文化財に指定されています。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行7間、正面1間向拝付き、外壁は真壁造白漆喰仕上げ。山号:紫宝山。宗派:浄土宗真宗大谷派。本尊:阿弥陀如来。

真広寺:写真

真広寺
[ 付近地図: 滋賀県米原市 ]・[ 米原市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。