守山市: 石造道標

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)守山市:歴史・観光・見所>石造道標

概要・歴史・観光・見所
石造道標(守山市)概要: 石造道標は江戸時代中期の延享元年(1744)に西念寺講中によって中山道沿いの本町西端近くの三差路に建立されたもので、高さ約1.55m、花崗岩製、一辺30cm、「右 中山道 并 美濃路」、「左 錦織寺四十五丁 こ乃者満ミち」と刻み込まれています。守山市に残る石造道標としては古い年代で数が少ない貴重なものとして昭和52年(1977)に守山市指定有形民俗文化財に指定されています。

石造道標:写真

石造道標
[ 付近地図: 滋賀県守山市 ]・[ 守山市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。