草津市: 蓮海寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)草津市:歴史・観光・見所>蓮海寺

概要・歴史・観光・見所
蓮海寺(草津市)概要: 光明山蓮海寺は滋賀県草津市志那町に境内を構えている浄土宗の寺院です。の創建は不詳ですが、伝承によると延暦8年(789)、伝教大師最澄によって開かれた伝えられています。元々は天台宗の寺院でしたが後に浄土宗の寺院に改宗しています。本尊である木造地蔵菩薩立像は鎌倉時代に制作されたもので像高164cm、カヤ材、寄木造、保存状態が良く意匠に優れ大変貴重な事から明治33年(1900)に国指定重要文化財に指定されています。境内に隣接する志那港は琵琶湖舟運の拠点の1つだったところで木造地蔵菩薩立像は水難除けに御利益があるとして信仰の対象になっていました。境内には山崎宗鑑(室町時代の俳諧の祖)の句碑(元朝の みるもにせん 不二の山)や常夜灯(志那港)などが建立されています。山号:光明山。宗派:浄土宗。本尊:地蔵菩薩。

蓮海寺:写真

蓮海寺
[ 付近地図: 滋賀県草津市 ]・[ 草津市:歴史・観光・見所 ]
蓮海寺 蓮海寺 蓮海寺 蓮海寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。