西塔・仏足石(比叡山延暦寺)

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)比叡山延暦寺:歴史・観光・見所>西塔・仏足石

概要・歴史・観光・見所
西塔・仏足石(比叡山延暦寺)概要: 案内板によると「 お釈迦さんが入滅の際に残された足形を石面に刻んだものです。お経文に「仏身は金剛にして諸漏あることなく苦し行く時、足は地を離るること4寸、千輻輪相の文跡地に現じ足下の諸の虫蟻は7日安穏なり」と云われ仏さんの足跡に千輻輪相があり歩行時間に其の相が印されたことから多くの人々に信仰され仏教が広がったのである。」とあります。

西塔・仏足石:写真

比叡山延暦寺西塔・仏足石
[ 付近地図: 滋賀県大津市坂本 ]・[ 大津市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。