西塔・椿堂(比叡山延暦寺)

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)比叡山延暦寺:歴史・観光・見所>西塔・椿堂

概要・歴史・観光・見所
西塔・椿堂(比叡山延暦寺)概要: 案内板によると「 昔、聖徳太子が比叡山に登られた時に使われた椿の杖を此の地にさして置かれたところ、その椿が芽を出して大きく育ったという因縁から、此のお堂が椿堂と名づけられました。お堂の傍に、それに因んだ椿の大木があります。御本尊には千手観世音菩薩をお祀りしています。」とあります。建物は木造平屋建て、桁行3間、梁間3間、宝形造、銅板葺、正面1間向拝付、外壁は真壁造り下張り木部朱塗り。谷地に位置しており西塔の中では比較的分かりにくい境内になっています。

西塔・椿堂:写真

比叡山延暦寺西塔・椿堂
[ 付近地図: 滋賀県大津市坂本 ]・[ 大津市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。