高島市: 笠井家住宅

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)高島市:歴史・観光・見所>笠井家住宅

概要・歴史・観光・見所
笠井家住宅(高島市)概要: 笠井家住宅案内板によると「 元和5年(1619)分部光信が伊勢から江州大溝(高島町)に入部し、この辺一帯は譜代家臣の集住する武家屋敷町となった。明治維新後、家臣の多くが大溝を離れたため、今その遺構を見ることはむつかしいが、笠井家は現在残る数少ない一軒である。通りに面して、両袖に部屋のある長屋門があったが、大正の初めに玄関脇に移築改造されて、今もその面影を残している。また、解体した部分や増改築などで完全な状態とはいえないが、ほぼ藩政時代の代表的な家屋ということができる。」とあります。建物は木造平屋建、入母屋、鉄板葺(元は茅葺と思われます)、下屋庇桟瓦葺、平入、外壁は真壁造り、白漆喰仕上げ、桁行7.5間、梁間5間(正面の出っ張り部分が旧長屋門が移築されたものと思われます)。高島市内に残る数少ないの武家屋敷の遺構として貴重な存在です。

笠井家住宅:写真

笠井家住宅
[ 付近地図: 滋賀県高島市 ]・[ 高島市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。