高島市: 浅見絅斎書院

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)高島市:歴史・観光・見所>浅見絅斎書院

概要・歴史・観光・見所
浅見絅斎書院(高島市)概要: 浅見絅斎書院は滋賀県高島市新旭町太田に位置しています。絅斎書院案内板によると「 承応元年(1652)にこの地に生まれた浅見絅斎は、名を安正、字を重次郎という。京都で医学、後に山崎闇斎に儒教を学び、錦陌講堂を開き弟子を教えた。性剛穀廉潔尊皇の心篤く仕官せず、清貧窮乏であったが志を曲げなかった。赤心報国を刀に刻み、中国誠忠の士8人の略伝を『靖献遺言』に著し、幕末の勤王の志士たちの精神的原動力となった。」とあります。浅見絅斎書院は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行5間、正面切妻玄関屋根付き。

絅斎書院:写真

絅斎書院
[ 付近地図: 滋賀県高島市 ]・[ 高島市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。