高島市: 玉泉寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)高島市:歴史・観光・見所>玉泉寺

概要・歴史・観光・見所
玉泉寺(高島市)概要: 玉泉寺は滋賀県高島市安曇川町田中に境内を構えている天台真盛宗の寺院です。玉泉寺の創建は奈良時代の天平年間(729〜749年)、行基菩薩によって開かれたのが始まりと伝えられています。享禄年間(1528〜1531年)の火災により多くの堂宇、記録、寺宝などが焼失し一時衰微しましたが天文2年(1533)、高島七頭に数えられた当時の領主田中氏が真厭上人(西教寺住職)を招き再興しています。境内にある石造物群のうち阿弥陀如来、薬師如来、大日如来、弥勒仏、釈迦如来の五智如来は室町時代後期に製作されたもので貴重な事から昭和58年(1983)に高島市指定文化財に指定されています。びわ湖百八霊場。近江湖西27名刹第21番。西近江七福神の布袋尊。高島郡西国三十三観音霊場。宗派:天台真盛宗。本尊:阿弥陀如来。

玉泉寺:写真

玉泉寺
[ 付近地図: 滋賀県高島市 ]・[ 高島市:歴史・観光・見所 ]
玉泉寺 玉泉寺 玉泉寺 玉泉寺
玉泉寺 玉泉寺 玉泉寺 玉泉寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。