高島市: 宗正寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)高島市:歴史・観光・見所>宗正寺

概要・歴史・観光・見所
宗正寺(高島市)概要: 宗正寺の創建は不詳ですが聖武天皇の御代(724〜749年)、泰澄大師によって開かれたとも、比丘尼御所の跡地だった事から尼宮が懇願し堂宇が建立されたとも云われています。中世には領主である海津氏の庇護にあり海津政元の正室(浅井長政の叔母)が尼となり宗正寺に入っています。浅井家、海津家が滅ぶと北の政所の侍女として豊臣家の奥を取り仕切った孝蔵主が尼をしていた事もあり豊臣秀吉が庇護し寺領の寄進を行っています。寺宝である十一面観音坐像は南北朝時代に製作されたと推定されるもので(伝承では泰澄大師作)檜材、寄木造、十一面観音像の坐像としては全国に9例しかない大変貴重なもので国指定重要文化財に指定されています。海津政元夫妻や饗庭局(浅井明政の娘・淀殿の乳母)の位牌や豊臣秀吉の書簡などを所有しています。

宗正寺:写真

宗正寺
[ 付近地図: 滋賀県高島市 ]・[ 高島市:歴史・観光・見所 ]
宗正寺 宗正寺 宗正寺 宗正寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。