近江八幡市: 瑞龍寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)近江八幡市:歴史・観光・見所>瑞龍寺

概要・歴史・観光・見所
瑞龍寺(近江八幡市)概要: 瑞龍寺は滋賀県近江八幡市宮内町に境内を構えている日蓮宗の寺院です。瑞龍寺の創建は慶長2年(1597)、前年に切腹させられた豊臣秀次の菩提を弔う為、母親である日秀尼(豊臣秀吉の姉)が開いたのが始まりと伝えられています。当初は嵯峨の村雲にあり後陽成天皇に庇護されたことで寺領1000石を賜わるなど寺運が隆盛し村雲御所と呼ばれるようになりました。その後、嵯峨から西陣に移り、皇女や公家の娘を迎えるなど朝廷と関係が深い天台宗の寺院として幕府からも庇護され寺領500石の朱印状を賜わっています。昭和に入ると衰微した為、昭和36年(1961)には豊臣秀次が築いた八幡城の本丸跡に境内に移転されることになりました。瑞龍寺本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、妻入り、間口5間、正面1間唐破風向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ。山門は切妻、桟瓦葺き、一間一戸、薬医門。宗派:日蓮宗(村雲御所瑞龍寺門跡)。本尊:一塔二尊四菩薩(釈迦牟尼仏)。

瑞龍寺の文化財
・ 絹本著色釈迦三尊十六羅漢像−南北朝時代−滋賀県指定文化財
・ 木造聖観音立像−南北朝時代−近江八幡市指定文化財

瑞龍寺:写真

瑞龍寺
[ 付近地図: 滋賀県近江八幡市 ]・[ 近江八幡市:歴史・観光・見所 ]
瑞龍寺 瑞龍寺 瑞龍寺 瑞龍寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。