甲賀市: 水口城

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)甲賀市:歴史・観光・見所>水口城

概要・歴史・観光・見所
水口城(甲賀市)概要: 水口の地は東海道が通過する交通の要衝で、将軍家が京都や大坂に上洛した際は宿所として利用しました。水口城は寛永11年(1634)に3代将軍徳川家光の宿館として築かれたもので、近江小室藩初代藩主の小堀遠州が作事奉行として幕府から派遣され延10万人が動員、石垣などの用材は戦国時代の山城で廃城となった水口岡山城のものを利用しました。小堀遠州は土木、建築事業を幾つも手掛け、作庭、茶道にも精通し、千利休、古田織部と共に日本三大茶人 茶道三宗匠に数えられた文化人でもあり、将軍家が水口城に対し思い入れが強かった事が窺えます。水口城は「水口御茶屋」とも呼ばれ、構成は京都の二条城に類似し、ほぼ正方形の本丸には御殿、4隅には平櫓(艮矢倉、巽矢倉、坤矢倉、乾矢倉)、東側の出丸には大手門(虎口・一之門:高麗門・二之門:櫓門)、北側には北御門(虎口・一之門:高麗門・二之門:櫓門)が配され、二ノ丸には管理・警護の施設が設置されました。

しかし、将軍家が利用したのが家光1回限りで、それ以外は幕府から1年毎城番が派遣され維持管理が行われました。天和2年(1682)、石見吉永藩より加藤明友が2万石で入封し水口藩を立藩、水口城の本丸には将軍家の御殿があった為、2の丸を拡張し藩庁と藩主御殿が設けられ、それに伴い城下町も大幅に変更されました。正徳年間(1711〜1716年)には利用されなくなった家光時代の御殿は破却されその後は空き地だったようです。明治維新後に廃城となり多くの施設は破却されましたが本丸の敷地や石垣などが残され昭和47年(1972)に滋賀県指定史跡に指定されています。水口城の遺構としては、本丸乾矢倉が民間の倉庫として移築され、その後現在地に再移築され何故か2層2階に改変し水口城資料館として公開されています。その他には茶室が大岡寺、御殿の玄関が蓮華寺にそれぞれ移築されています。

水口城:写真

水口城
[ 付近地図: 滋賀県甲賀市 ]・[ 甲賀市:歴史・観光・見所 ]
水口城 水口城 水口城 水口城
水口城 水口城 水口城 水口城
水口城 水口城 水口城 水口城


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。