大津市: 長安寺

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)大津市:歴史・観光・見所>長安寺

概要・歴史・観光・見所
長安寺(大津市)概要: 松月山長安寺は滋賀県大津市逢坂2丁目に境内を構えている時宗の神社です。長安寺の前身である関寺の創建は不詳ですが平安時代当時、日本三大仏の1つに数えられた関寺大仏が建立されるなど広く知られた大寺院だったと伝えられています。平安時代の歌人、小野小町が晩年庵を設けたところとされ謡曲「関寺小町」の舞台にもなっています。天延4年(976)の大地震で堂宇が倒壊し、万寿4年(1027)に延鏡(源信の高弟)や仏師康尚等の尽力により再興、その復興に手をかした仏が牛に姿を変え多くの資材の運搬し、完成を見届けてから安らかに死んだことから、その牛を供養する為に鎌倉時代初期に牛塔が建立されました。牛塔は関寺の荒廃と共に土中に埋もれていましたが元禄元年(1688)に掘り出され再び境内に建立されました。牛塔は総高3.55m、巨大なつぼ型の塔身に笠石を載せたもので日本を代表する石造宝塔として大変貴重な事から昭和35年(1960)に国指定重要文化財に指定されています。その後、関寺は衰退しましたが一変上人が中興、慶長年間(1596〜1615)に焼失後は衰微し明治時代に入り長安寺として再興しています。

百体地蔵は元亀2年(1572)に織田信長による比叡山延暦寺全山焼き討ちの兵火により埋もれた石仏を昭和35年(1960)に長安寺境内に集めて供養したもので歴史が感じられます。境内にはその他にも小野小町供養塔、一遍上人供養塔、超一房(一遍上人の妻)供養塔などが建立されています。長安寺本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行2間、張間1間半、正面1間向拝付き、外壁は真壁造り白漆喰仕上げ、正面花頭窓付。山号:松月山。宗派:時宗。本尊:阿弥陀如来。

長安寺:写真

長安寺
[ 付近地図: 滋賀県大津市 ]・[ 大津市:歴史・観光・見所 ]
長安寺 長安寺 長安寺 長安寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。