長浜市: 姉川古戦場

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)長浜市:歴史・観光・見所>姉川古戦場

概要・歴史・観光・見所
姉川古戦場(長浜市)概要: 姉川古戦場は滋賀県長浜市野村町に位置しています。姉川古戦場姉川の戦いは元亀元年(1570)に姉川を挟んで、織田信長・徳川家康の連合軍2万9千と浅井・朝倉連合軍1万8千で行われた戦いです。兵力では圧倒していた織田軍2万3千は13段の陣を敷いていましたが、浅井軍8千の先鋒である磯野員昌は織田軍の名だたる武将を撃破し、実に11段の陣を突破したと言われています。しかし、徳川軍6千に敗れた朝倉軍1万が敗走すると徳川軍が浅井軍の右翼に、さらに浅井氏側の横山城を攻略中の部隊が織田本隊の危機を察し浅井軍の左翼に廻った事で形勢が逆転し、浅井軍も小谷城に退きました。この戦いにより織田・徳川軍は800人、浅井・朝倉軍は1800人の戦死者を出したと云われています。

姉川古戦場:写真

姉川古戦場
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]
姉川古戦場 姉川古戦場 姉川古戦場 姉川古戦場


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。