長浜市: 充満寺(西野薬師観音堂)

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)長浜市:歴史・観光・見所>充満寺(西野薬師観音堂)

概要・歴史・観光・見所
充満寺(西野薬師観音堂)概要: 大千山充満寺は滋賀県長浜市高月町西野に境内を構えている浄土真宗大谷派の寺院です。充満寺の創建は不詳ですが、伝承によると宗信法師(大友皇子の孫)によって開かれたのが始まりとされ当初は泉明寺と号し天台宗の寺院でした。その後、荒廃しましたが延暦年間(782〜785年)に伝教大師最澄によって再興され本尊となる薬師如来像と十一面観音像を自ら彫り込みさらに守護神として十二神将像を安置したと伝えられています。永正15年(1518)の浅井家の兵火により荒廃しましたが、天正元年(1573)には浅井家に従った西野家澄(大友皇子の末裔)が菩提寺として整備庇護しています。江戸時代に入ると、その後裔と思われる西野秀方が出家して祐海と号し延宝5年(1677)には浄土真宗大谷派に改宗し、現在の寺号である充満寺に改称しています。江戸時代末期には名僧恵荘上人を輩出し、当地域の開発に尽力、隧道を整備する事で洪水や凶作から田畑を護りました。

西野薬師観音堂に安置されている木造伝薬師如来立像は平安時代に制作されたもので像高159.4cm、欅材、一木造、漆箔、彫眼、大変貴重な事から大正15年(1926)に国指定重要文化財に指定されています。木造十一面観音立像は平安時代に製作されたもので像高166.7cm、檜材、一木造、漆箔、彫眼、大変貴重な事から大正15年(1926)に国指定重要文化財に指定されています。びわ湖108霊場第35番札所(御詠歌:みたされる こころをこめ てつらぬきぬ みだのじひにて かなうねがいぞ)。山号:大千山。宗派:浄土真宗大谷派。本尊:薬師如来、十一面観音菩薩。本尊:阿弥陀如来。

充満寺:写真

充満寺(西野薬師観音堂)
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]
充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂)
充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂) 充満寺(西野薬師観音堂)


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。