黒壁ガラス館(旧国立第百三十銀行長浜支店)

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)長浜市:歴史・観光・見所>黒壁ガラス館(旧国立第百三十銀行長浜支店)

概要・歴史・観光・見所
黒壁ガラス館(長浜市)概要: 黒壁ガラス館本館は明治33年(1900)に国立第百三十銀行長浜支店として建てられたもので、木造2階建塗屋造、寄棟、桟瓦葺、外壁は黒漆喰仕上げ、基礎は洗い出し、1階四周下屋庇付、建築面積169u、見た目が黒かった事から地元では「黒壁銀行」と呼ばれ親しまれていました。縦長の上げ下げ窓や1階天井の亀甲模様の装飾、側面の従業員出入口の意匠、階段手摺の意匠など当時の洋風建築の要素を取り入れています。国立第百三十銀行長浜支店のあとは紡績会社の配送所や専売公社の営業所、長浜カトリック教会などに利用されましたが昭和62年(1987)に協会の移転したことで空家となり取り壊す寸前まで進みました。その後、市民の保存運動が実り、長浜市と地元企業数社が出資し、第三セクター「黒壁ガラス館」として整備される事になりました。黒壁ガラス館本館は明治時代に建てられた土蔵造りの銀行建築の遺構として貴重で、「国土の歴史的景観に寄与しているもの 」との登録基準を満たしている事から平成8年(1996)に国登録有形文化財に登録されています。

黒壁ガラス館:写真

長浜市・黒壁ガラス館
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]
黒壁ガラス館 黒壁ガラス館 黒壁ガラス館 黒壁ガラス館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。