長浜市: 豊臣秀吉茶亭門

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)長浜市:歴史・観光・見所>豊臣秀吉茶亭門

概要・歴史・観光・見所
豊臣秀吉茶亭門(長浜市)概要: 豊臣秀吉茶亭門は滋賀県長浜市元浜町に位置しています。この門は江戸時代から鐘鋳造工匠として続いた西川家の茶室「湖舟庵」の茶亭門として利用されていた門です。西川家は江戸時代中期の正徳元年(1711)に創業した鋳造業を家業とした家柄で、特に釣鐘の専門家として多くの名鐘の制作を手掛けていました。一方、茶道にも精通していたとされ御茶文化にも理解があったとされます。明治36年(903)、当時の長浜八幡宮の宮司笠原泉氏が鑑定した結果、豊臣秀吉が利用した茶亭門に判明しました。門は切妻、桟瓦葺き、三間一戸。

豊臣秀吉茶亭門:写真

豊臣秀吉茶亭門
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。