長浜城

  滋賀県:歴史・観光・見所(ホーム)長浜市:観光・歴史・見所>長浜城

長浜城
長浜城
[ 付近地図: 滋賀県長浜市 ]・[ 長浜市:歴史・観光・見所 ]
長浜城 長浜城 長浜城 長浜城
長浜城 長浜城 長浜城 長浜城
概要・歴史・観光・見所
長浜城概要: 長浜城は延元元年(1336)、京極高氏(佐々木道誉、婆沙羅大名の異名)が出城として築城したのが始まりとされます。当初は今浜城と呼ばれ、京極家の家臣である今浜氏や上坂氏が守将として在城しますが大永3年(1523)に京極家の内乱に乗じて浅井家が北近江の領主になると支配下に置かれます。天正元年(1573)、織田信長の小谷侵攻により小谷城が落城し浅井家が滅亡すると新たに12万石の領主となった羽柴秀吉は北陸街道の陸運と琵琶湖の水運の拠点である今浜を居城として定め、改めて長浜城を築城しています(信長の「長」の字と今浜の「浜」の字を合わせて長浜と改名したと伝えられています)。天正4年(1577)頃概ね完成し、その際、小谷城より多くの建材が再利用され、多くの商家や寺院なども小谷城下から移し当地方の中心都市として整備されました。長浜城は平城、水城、湖城などに分類され本丸には3重の天守、御殿、隅櫓、二ノ丸には御殿、三ノ丸には家臣屋敷、本丸から見ると概ね4重の堀で囲われていました。又、琵琶湖の水運を合理的に運用する為、城内に湖水を引き込み水門から船が出入り出来、本丸は琵琶湖に張出すように縄張りしています。天正8年(1580)に秀吉が姫路城(兵庫県姫路市)に移封になると天正9年(1581)に堀秀政が2万5千石で入城し、天正10年(1582)の本能寺の変後は柴田勝豊が城主となります。柴田勝豊は柴田勝家の甥にあたる人物でしたが天正11年(1583)の賤ヶ岳の戦いでは秀吉方に与し長浜城は秀吉方の軍事的拠点として利用されています。その後は再び堀秀政が城主となり、秀政が佐和山城(彦根市)に移封になると天正13年(1585)に山内一豊が2万石で入封、文禄4年(1595)からは内藤信正が城主となり慶長20年(1615)に内藤信正が高槻城(大阪府高槻市)に移封になると廃城となります。長浜周辺は彦根藩に組み込まれ、長浜城の用材や石垣などが彦根城(彦根市)築城の際に再利用され天秤櫓や西の丸3重櫓は元々は長浜城のものだったと伝えられています。又、長浜城の大手門が大通寺の台所門に搦手門が知善院の表門にそれぞれ移築され長浜市指定文化財に指定されています。城域一帯は昭和37年(1962)に長浜市指定史跡に指定されています。昭和58年(1983)には鉄筋コンクリート造により長浜城復興天守(模擬天守、明確な資料が無かった為、犬山城の天守閣を参考し初期の望楼型が採用されたそうです。)が建設され、内部は長浜市長浜城歴史博物館として利用されています。
滋賀県(ホーム)へ戻る

 長浜市観光・旅行見所ナビ:
安藤家屋敷姉川古戦場安楽寺醍醐寺大通寺洞寿院旧長浜駅舎源昌寺五村別院玉泉寺珀清寺長浜八幡宮日吉神社医王寺
飯開神社伊香具神社充満寺(西野薬師観音堂)旧開知学校神高槻神社川道神社鶏足寺(旧飯福寺)慶雲館孤篷庵小谷城小谷寺
向源寺(渡岸寺観音堂)黒壁ガラス館大円寺大見神社来現寺佐波加刀神社石道寺千手院下塩津神社神照寺近江天満宮塩津神社
長浜城総持寺菅山寺舎那院知善院徳勝寺辻家住宅豊臣秀吉茶亭門与志漏神社(輿志漏神社)素盞鳴命神社木之本宿
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「滋賀県歴史観光案内所」は「滋賀県の歴史」、「郷土資料辞典−滋賀県」、「日本の城下町−近畿」、「城郭と城下町−近畿」、、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。